はじめてです…

10日ほど前のこと…
いつものように、仕事メールのチェックをしていました。
ワインのインポーターさんからのメールもいくつか、
ボジョレー・ヌーヴォーに関する内容のものもあり
そろそろ受注の締め切りかな、(小売店向けの受注締め切り)
なんて思いながら開いてみてびっくり。

  
「2022年は、ボージョレ・ヌーヴォー航空便の取り扱いを中止いたします」
という内容で驚きました。
20代のころからボージョレ・ヌーヴォーを毎年販売して30年以上
これは初めての内容です。

このメールが届いたのはまだ一社ですが後続もあるのかな???
航空便で輸入されるボージョレ・ヌーヴォーは他に色々あります。
誤解されませんよう、よろしくを願いします。
ですが、例年と比べかなりの価格の高騰は否めませんね。

 

さて、取り扱いが中止になった流れとして、
過去にお願いしていた航空会社のヌーヴォー取り扱いが中止になり、
他の航空会社等にもあたってみたが、
いずれも航空運賃・燃油サーチャージの見積もりが予測をはるかに超えるもの

になってしまい、お客様への販売価格が異常な金額になってしまうこと。
すでに、仕込みを迎えたヌーヴォー2022については"船便"で輸入するそうです。

 

ボジョレー・ヌーヴォーのお知らせが我々の届くのは7月ごろ。
今年は円高と燃料の高騰でどんなことになるのだろうと思っておりました。
3500円くらいのものが5000円を少し切るくらいまで上がるのかしら…
と想像していたのですが、
航空便の輸入を取りやめるインポーター―さんが出てきました。
お客様にあまりにも高い価格のワインを売る事は忍びないという正しい判断なのでしょう。
とても良心的な会社だと思いました。

 

もちろん、上手に段取りして輸入され会社もありますから楽しみにしている方は
今年も楽しむことは出来ることと思います。

私は、美味しいこだわりのボジョレー・ヌーヴォー毎年販売してきました。
でも、個人的にはあまりボジョレー・ヌーヴォーは好きではありませんでした。
販売していて「うー--ん」と首を傾げたこともあります。
なぜ、30年以上販売してきたのでしょうか、
意識の持ち方を変えてくれたのは母でした。

 
ボジョレー・ヌーヴォーは11月の第三木曜日の解禁日にならないと販売できません。
(しているお店もありますがね)
法令ではないのですが、商品の価値を守るために業界の取り決めがあるようです。
(↑ おそらく、商品の付加価値を下げないためのもの)
今は商品が販売日の数日前に届きますし、
ネット販売などでは11月の第三木曜日に届くように数日前の出荷も可能です。
ですが、以前はもう販売日のギリギリに届くので大変でした。
バブルの頃には届いたワインを空港で飲むなんていうこともあり、
また、ワインが届かずに解禁日に間に合わなかったというアクシデントもありました。

 

そんなこんなでギリギリに届いたワインを
夜お店が閉まってから翌日に向け店頭で準備するわけですが、
準備は夜中までかかります。
当時は樽に詰められたボジョレーヌーヴォーの量り売りもしていました。
ある年、準備をしていた私の所に手伝いに来てくれた母が
(↑ お店の開店と同時に予約していてくれたお客様が取りにみえるので夜の準備は必須)
「今年はどんな出来なのかな?」とニコニコしながら話かけてきました。

 

その年は天候などの情報からするとそれほど期待できる年ではありませんでした。
すでに解禁日の0時を過ぎていたので、母にもう飲めるから試してみる?
と言うと、母は嬉しそうにグラスを持参してきました。

 

2人で「今年も早くに、沢山売れるといいね!」と乾杯しました。

 

やはり、少し酸味が強く当たり年といわれる水準には届いていませんでした。
しかし、母は「フレッシュで美味しいね」とニコニコ、楽しんでいました。
お客様も同じ、
フレッシュさと今年の初物という価値を楽しんでいるのだなぁ
と思い、自分の余裕の無さを反省したものです。
価格が少し高かろうが味わいが少し劣っていようが関係ないのです。
みー--んな楽しんで飲んでおられるのでありました。

都合で実店舗を閉店し、今はヌーヴォーは扱っておりません。
ところが自分で販売していないと飲みたくなってしまうのです。
好きではないと思っていましたが、欲している自分がおりました。
そこで購入して飲むのですが、今年はどうなるのでしょうか。

 

毎年、新酒はボジョレーの他に日本のものもいくつか楽しむのですが、
今年は日本の新酒のみにしようかな、なんて思っています。

海のワイン

すっかり秋めいた今日このごろ
お魚売り場で「秋刀魚」をみつけました。
美味しいお魚が食べたいなぁ~、そんな気持ちで
数日前に届いた酒類の情報誌を読んでいると
「アルバリーニョ」を35本ほどを
ブラインドテイスティング(※)した記事が出ていました。

 

「アルバリーニョ」はスペインのガリシア地方、
ポルトガルのミーニョ地方を代表する白葡萄品種です。

 

↑ 写真はイメージです。
アルバリーニョではありません、お許しを…。

 

このワイン、個人的にはとても好きなのですが、
販売するのがとても難しいワインのひとつ。
スペインやポルトガルのお料理を楽しませていただけるレストラン以外で
「アルバリーニョがよく売れるんだよね」などとは
飲食店でも小売関係者からもあまり聞いたことがありません。

 

みなさん、ラベルに「ALVARINHO=アルバリーニョ」とかかれたワインを
手に取ったことあります?

 

それでも日本のワイン産地では植樹が進んでおり
出来上がったワインの人気は高いようです。

 

興味がありましたら以前書きましたこちらも読んでみてくださいませ。
日本のアルバリーニョ

 

個人的には酸味が溌剌としていて
葡萄に由来する生き生きとした香りが印象的なワインというイメージです。

試飲コメントを読んでいると
香りの魅力的な表現に頭の中はアロマティックなワインでいっぱい。

ワインを味わったときのミネラルのニュアンスや
生き生きとした酸味、
旨味と酸味のバランスのよい味わいが想像されます。
塩味を感じることが多くミネラリーな味わいから「海のワイン」とも言われています。
飲みたくなってきました。

 

 

記事の中に、
銀座のフランス料理店「ロオジエ」のシェフソムリエ井黒氏に
フリーのワインジャーナリスト柳氏が
「アルバリーニョはレストランで扱いやすいですか?」という質問がありました。

「今、ヴィーニョ・ヴェルデを使っていますが、個性がはっきりしているので売りやすいです。香りは華やかですが、ヴィオニエやトロンテスほど強くなく、上品さを備えているので、フレッシュな白ワインのひとつとしておすすめしやすいですね。タコ、イカ、貝類など、淡泊なものとよく合います。」
以上が井黒氏の返答。

 
高級レストランでは売りやすいのでしょうか…。
35本のワインを4人のテイスターで試飲しているのですが、
せめて10人以上で評価してほしいなぁと思うのでありました。

魚介との相性抜群なのであれば「お寿司」
記事の最後に「お寿司屋さんに持っていきたくなりました」とありました。
あと何年かすると、お寿司屋さんのワインリストには
アルバリーニョのワインが選べるくらい充実しているのかも
と想像してしまいました。

 

 

ちなみにこの35本の中で評価の高かったワインが上位から

ソアリェイロ グラニト  2021
原産地 ヴィーニョ・ヴェルデ (ポルトガル)
地域 モンサォン・イ・メルガッソ
※ 一般販売は2023年1月一般販売開始予定


ソアリェイロ  2021
原産地 ヴィーニョ・ヴェルデ (ポルトガル)
地域 モンサォン・イ・メルガッソ

 
ジャスト・ビー
原産地 リアス・バイシャス(スペイン)
地域 バル・ド・サルネス

 
でした。
ちなみに、上記のヴィーニョ・ヴェルデは生産地のことで
緑のワインといわれる発泡性のワインとは一線引くスティルワインです。

 

※ブラインドテイスティング

銘柄を隠しての試飲のこと

#ポルトガル#スペイン#ワイン#アルバリーニョ#白ワイン#お寿司
AD

デ・ボルトリ ヤラ・ヴァレー メルバ リザーヴ バレルセレクト 1995

朝晩に気温が下がりぐっと秋めいてきましたね。
朝のBGMが蝉の声から鈴虫やコオロギの鳴き声に変わりました。
そんな中、結婚記念日の乾杯にとワインのリクエストをいただきました。

 

オストラリアに語学留学されていた時に
動ー物園で知り合われご結婚されたのだそうです。

気が付くと四半世紀を共に過ごしていたと…。
思い出の自然動物園ヒールズビル・サンクチュアリの近く
ヤラ・ヴァレーの赤ワインをご紹介させていただきました。

 

 

デ・ボルトリ ヤラ・ヴァレー
メルバ リザーヴ バレルセレクト 1995

 

オーストラリアのヴィクトリア州、ヤラ・ヴァレーの赤ワインです。
味わいの確認を兼ねて詳細にお伝えするためテイスティングしてみました。


外観ですがグラスの向こうが全く見えないほで濃く
黒っぽい赤色をしておりグラスの淵にオレンジが見えます。
粘性は高く、グラスを傾けるとはっきりとしたアシが見て取れます。

 

グラスに鼻を近づけると、
葉巻、煙草、カラメル、黒蜜、ドライイチジク、鉄の要素など
複雑で奥行きのある香りが感じられます。
丁子などの東洋系のスパイスや少しですが鉛筆の芯を思わせる香りも。

 

口に含んでみると、濃厚さと果実の柔らかい旨味を感じます。
熟した果実味、その中に溶け込んでいる酸味が印象的、
豊かでしっかりしていますが角のとれた渋みは時の流れを感じさせてくれます。
芳醇で円熟した味わいの赤ワインです。

 

味わう前はオーストラリアワインなので甘い要素があるかしらと思いましたが、
酸味がしっかりと感じられ、果実味と渋みバランスが絶妙、
全体を奇麗に高い位置でまとめあげ品を生み出しています。

 

27年の時を経ていますが、まだまだ元気、
ボルドーのグラン・ヴァンが持つ「貴族的な印象」はありませんが、
「底知れない豊かさを秘めた魅力」が存分に感じられます。

 

酸味が印象的と書きましたが、この酸味がワインの熟成にかかせません。
豊かな果実味と渋みを高貴にまとめあげる味わいとして重要になってきます。
ヤラ・ヴァレーはオーストラリアで最も冷涼な気候といわれますが、
この土地の個性がしっかりした酸味を葡萄に与えてくれたようです。

 


 
※ワインのコメントは十人十色、
 あくまでも参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

 ご紹介しているワインの詳細は「konishi1924」まで…。
 

一度は味わってみたい…

先日いつものようにワインの情報に目を通していると
面白い記事が出ていました。

 

「150周年のドメーヌ・ポンソ、クロ・ド・ラ・ロシェの歴史的な垂直試飲」

流石にブルゴーニュワイン、垂直試飲のスパンが長いわ…。
記事を読み進めるとポンソーの歴史についても色々書かれていました。

 

個人的に印象に残ったのはクローンについてです。カリフォルニアワインの生産者情報を見ているとピノ・ノワールのクローンについてを見かけます。ディジョン・クローン113,114,777などもよく登場しますが、このディジョン・クローンを生み出したのはポンソの三代目当主ジャン・マリーさん、1950年代に、クロ・ド・ラ・ロシェの畑をマッサール・セレクションで植え替えて、挿し木から生み出したとのことです。今では、ブルゴーニュはもちろん、世界各地のピノ・ノワール生産者に使われていますね。

 

konishi1924の在庫にもポンソーがありますので垂直試飲にとても興味を覚えた次第です。ポンソのワインはとても個性的で、若いうちはとくに理解しづらい印象を受けるようです、しかし、理想に状態で熟成させてワインは驚くべき色香を放ち、その状態は20年も30年も保たれるそう…。

 

記事には、クロ・ド・ラ・ロシェはグランクリュを抱えるモレ・サン・ドニにあって、最もモレらしい野性味と重厚感あふれる歴史的なクリマ。1934年から2019年まで80年以上にわたる16ヴィンテージを振り返りながら、時空を超える旅に出た…とありました。テイスティングブルゴーニュの専門家10人が参集し、2019、2005、1999、1993、1990、1988、1985、1980、1979、1971、1961、1959、1958、1943、1934の年号が行われました。

 

気になるのは1934年。
米国に初めて輸出されたヴィンテージ。グラスを回した瞬間から、目まぐるしく発展し、ジンジャー、ミントチョコ、ローストしたタイム。デリケートで、しなやかなテクスチャー、生き生きした酸に縁取られ、心地よい緊張感がフィニッシュまで続く。95点。

 

一度でよいからテイスティングしてみたいと思いました。

 

konishi1924が在庫しているのは1996年のクロ・ド・ラ・ロシェ
ご興味がある方はこちらまでどうぞ。
垂直試飲の記事も細かく掲載しております。

 

 

 

 

 

ドメーヌ・ポティネ・アンポー オークセイ・デュレス プルミエ・クリュ バ・デ・デュレス 2004

暑中お見舞い申し上げます。

 

暑い日が続いていますね。

「夏休みに友人たちと楽しみたいんですがどんな感じですか?」

とkonishi1924のお客様から問合せをいただきましてね、

テイスティングしてみました。

 

ドメーヌ・ポティネ・アンポー

オークセイ・デュレス

プルミエ・クリュ バ・デ・デュレス 2004

 

 

フランスのブルゴーニュのワインです。

外観、色はグラスの淵にオレンジが見えるやや薄い赤色をしています。

透明感があり、粘性は高くありません。

 

グラスにワインを注ぐと

熟成からくる華やかな広がりのある甘やかな香りがふわりと広がります。

すみれの砂糖漬けのような甘い香りです。

グラスに鼻を近づけると、プラムやドライのイチジク

クローブのようなスパイスを思わせる香りも感じられます。

香りは華やかで強め、葉巻などの要素もあり複雑です。

 

口に含んでみると、なんとも柔らかい口当たりです。

続いて、品の良いほのかな甘さと果実味が同時に感じられ

なんともチャーミングな印象です。

繊細な果実味のなかに優しいタンニンを感じます、

ここちよくしっかりとした酸味が良い意味でのアクセントになっており

スケールが大きいわけではありませんがバランスの良さは見事です。

 

まさに今飲み頃です、生産者のつくりの丁寧さが

優しい美味しさの中に感じられ、とても幸せな気持ちになります。

 

 

 

 

※ワインのコメントは十人十色、

あくまでも参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

ご紹介しているワインの詳細は

ホームページ「konishi1924」をご覧くださいませ、購入もできますよ。

ドメーヌ・ポティネ・アンポー オークセイ・デュレス プルミエ・クリュ バ・デ・デュレス 2004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月の読書

今月は二冊の本を読みましてね。

 

「死なないように稼ぐ」は堀江貴文さんのビジネスノウハウの本。
なぜこの本を手に取ったかと言いますと。
本の中に登場する堀江氏の展開するお店「小麦の奴隷」が
以前の中野の実店舗のすぐ近くにありましてね、興味を持った訳です。
店舗は大通りに面しているわけではなく、
元地元民としてはなんでこんなところにパン屋さんが???
と不思議に思っていました。

昨年の7月にオープンしたようで、一年が経とうとしています。
どのような背景が見えるのかなと読んでみました。

 

 

「古代ワインの謎を追う」はアメリカのジャーナリスト、
ケヴィン・ペゴス氏の本です。
新聞でみつけてなんとも面白そうだと購入したのですが…


本当に興味深く面白かった!


ヨルダンのアンマンで、私はひとりミニバーを疑わしげに、だが、物欲しそうに見つめた。ひょっとしたらホテルの部屋でいいワインに出会えるかもしれないと期待したないわけではなかったが、私は自分にルールを課していた。客室備え付けのワインは飲まない、と。

 

という文章で始まるのですが、
ここで、筆者はワインにはこだわりがあり造詣が深いと理解できます。
しかし、アラビア語でテレビ放送がされているこの土地では
どこでもワインが購入できる訳ではなく、飲める訳でもない、
仕方なしにルールを破ってワインを口にしてしまうのです。

 

さあ、そこからはもう止まりません、
ジャーナリストという職業柄、
未知のワインを調べられずにはいられなくなる著者
ワインを追っかけることに数年を費やします。


もう、面白くて面白くて、あっという間に読んでしまいました。


内容が濃いのでより内容を理解把握するため、
二回目は、自分に毎日2章のみ読むことを許しました。
18章ありますので9日かけてじっくりと読みました。


「古代ワインの謎」について書かれているのですが、
ワインが生産される背景や流通において
私自身が疑問に思っていることにも触れられていて、
共感できる事が多々ありました。
本当に読み応えのある衝撃を受けた本でした。


ネイチャー誌によれば・・・
ソービニヨン・ブランとセミヨンを判別できるからといって、ワインをしっているつもりになってはいけないことを本書は教えてくれる。ハミニダからグロ・マンサンまで、忘れ去られたブドウの物語に溢れた魅力的な一冊。
ということだそうです。

 

 

 

 

 

セバスチャン・リフォー サンセール サウレタス 2014

 

今年の梅雨明けは早く猛暑がすでに続いています。

本日は雨のち曇り空、猛暑も一休みといったところでしょうか。

そんな中、とても興味深いワインがありテイスティングしてみました。

 

 

セバスチャン・リフォー 

サンセール サウレタス 2014 

フランス ロワール地方のサンセールでつくられた白ワインですよ。

 

グラスに注いでみると

色調は中程度、ほんの少し茶色の入った黄金色をしています。

粘土はそれほど高くありませんでした。

熟したアプリコットや苔桃、マンゴーのジャム

蜂蜜を思わせる香りが感じられます。

蜂蜜も濃厚さのある蜂蜜で

なにやらグラスの向こうに蜂の巣箱が見えそう…。

 

香りが強いのかというとそうでもなく

どちらかと言えば控えめです。

しかし、複雑さはあります、上記の甘い香りに加え、

チーズケーキやシナモン、ミントのニュアンスも感じられました。

 

口に含んでみると

たっぷりの旨味を感じます。

それは、ほのかに甘さを感じさせる要素と

ミネラルを感じさせる要素です。

充実した豊かな果実味が感じられ、

収穫した時の葡萄はどれほど完熟していたのであろうかと想像させてくれます。

たっぷりの果実味に対し、バランスのとれた酸味も感じられます。

充分な果実味のなかに酸味が溶け込みはじめている印象です

8年の時がなせる業なのでしょう、なんともまろやか。

 

芳醇で膨らみのある艶やかな味わいの白ワインです。

 

このワインの持ち味の芳醇さを存分に楽しむには

今の時期には少し高めと感じる温度、12度前後くらいで飲むのが良さそうです。

冷蔵庫の温度5~7度位まで冷やすと旨味を感じられなくなり

もったいないと思います、あくまでも好みの問題ですが…。

 

ワインの後はお楽しみの時間、

熟成したシェーブル、サントモール・ド・トゥーレ―ヌ、

ラタトゥイユと一緒にワインをじっくり楽しみたいと思います。

 

 

 

※ワインのコメントは十人十色、あくまでも参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

 

 

ご紹介しているワインの詳細は
ホームページ「konishi1924」をご覧くださいませ、購入もできますよ。

セバスチャン・リフォー サンセール サウレタス 2014