世界で最もボルドーワインを売った男

気持ちのよい青空が広がる年末の火曜日の朝です。

天気がよいので掃除をするには都合がよいのですが、寒い、そして北風が強い…。昨年の年末は忙しく、大掃除を簡単に済ませたので今年は早めに開始しました。

昨日は窓拭きを、まあ寒いこと、気温が比較的高くなるお昼過ぎを狙って行いましたが、北風の冷たさにしびれました。掃除をしながら年末の梱包作業などしつつ、ワインの情報をチェックしていると面白い記事をみつけました。ワインを販売しているものにとってはすこぶる興味が惹かれる見出しです。

 

「世界で最も多くのボルドーを売った男、サイモン・ステイプルズが死去」

 

記事によると…

世界で最も多くのボルドーを売る男と呼ばれたサイモン・ステイプルズが、先月亡くなっていたことがわかった。55歳だった。ジャンシス・ロビンソンによると、サイモンは11月22日に亡くなった。豪放らい落な性格で、陽気なジョークを連発し、豪快にワインを飲んだ。何よりもワインを愛していて、世界各地に広がる顧客に高級ワインを売っていた。

「俺たちほど恵まれた仕事はないよな」というのが口癖で、世界のワイン業界の動向や造り手の人柄などを直に教わった。早すぎる死にショックを受けている。英国のワイン業界も悲しみに沈んでいるだろう。

 

 

サイモンはハロッズのワイン売り場を経て、老舗ワイン商のベリー・ブラザーズ&ラッド(BB&R)に入社。2011年にロンドンから香港に異動して、ワインの関税が撤廃された市場を開拓してボルドー・プリムールを売りまくった。

2014年に東京に異動し、セールス・ディレクターに就任。富裕層を相手にボルドーブルゴーニュなどの高級ワインを売りまくった。ボルドーではランシュ・バージュとオー・バイィが好みで、日本に広めるのに一役買った。2016年に英国に呼び戻された。
情報量の多さと外向的な性格から、幅広い人脈を誇り、様々なメディアに登場した。2014年に日本で公開されたドキュメンタリー映画「世界一美しいボルドーの秘密」に出演した。サイモンは最後はレイ&ウィーラーで個人顧客の担当ディレクターを務めていた。

 

という内容。「Wine Report 山本昭彦」

 

 

ステイプルズ氏はロンドンで活躍していましたが、中国市場の可能性に目をつけて、香港駐在を志望しました。さらに、税率が高く、成長が減速している中国本土よりも、日本に可能性があると見て、異動を希望したそうです。全権を任されて、日本市場でビジネスすることに意欲を見せ、当時、「日本市場を揺るがす」と語っていたとのこと。

日本時代に彼の下で働いたスタッフには、独立してワインショップやワインスクールを興した人材も少なくない。日本にも確実に種をまいていったようです。

BB&Rは世界最大級のボルドー・プリムールのバイヤーとして知られています。ステイプルズ氏は、プリムールを含むボルドーの買い付けに長年たずさわり、BB&Rのファインワイン・バイヤーの顔的な存在でした。英国のデカンターやドリンクス・ビジネスなどに、しばしばワイン商の代表としてコメントが掲載されていました。映画「世界一美しいボルドーの秘密」にも、ワイン商代表として出演しました。

私は、恥ずかしながらサイモン・ステイプルズ氏のお名前を存じ上げておりませんでした。

10年位前の話です。当時、よくワインを仕入れ、懇意にしていたインポーターに営業Wさんがおりました。仕事の出来る方で、ワインの情報を沢山くださり、また、お値打ちなワインを手頃な価格のものから、高級で付加価値の高いワインまで色々教えてくださいました。販売実績も高かったようで、信頼しており、また、助かっていました。そんなある日、Wさんがベリー・ブラザーズ&ラッド(BB&R)に転職すると聞きました。残念な気持ちとともに、引き抜かれたのかな、とも思っていたのですが、よくある事なので忘れてしまいました。今回の記事を読んで、「ああ、Wさんはサイモン・ステイプルズ氏の下で働くことを希望したのだ」と腑に落ちました。

個人的な意見ですが、ワインの最新情報はインポーターさんに集まり、情報誌はその次のようです。ワインの世界は夢見がちなところがありますが、いくら素晴らしいワインをつくっても売れなければワイナリー経営は成り立ちません。作り手さんにとって大切なのはワインの販売を手伝ってくれているインポーターさんです。彼らには本音も沢山話しているようで、情報誌などには載っていない裏の話をよく聞くことがあります、色々な意味で面白いのです。

それは、それは多くのボルドーを売っていたサイモン・ステイプルズ氏、どれだけ多くの情報をもっていたのかと想像します。W氏もなびく訳です。記事を読むと人柄も良さそう、情報量の多さと人柄が武器だったのかな…???  なんて思い描いた記事なのでありました。

クレモン・バロー サヴ二エール ル・コトー・ド・レール  2020

先日、「シグナチャー・日本を世界の銘醸地に」を見てきました。ぐっとくる映画に感動しました。そして、次の日、サッカーのワールドカップで日本がスペインに勝利しました。昔はドーハの悲劇、今はドーハの軌跡というのです。どちらにも時の流れを感じました。同様に、日本での自然派ワインの浸透にも時代の変化を感じます。

 

さて、konishi1924への問い合わせで、ニコラ・ジョリーのワインはもうありませんか、ステファン・ベルノードワインの入荷は? というものが少なくありません。価格が高くなってしまっていたり、入荷数が少なかったり、仕入れるのはなかなかむずかしい状況です。

 

そんな状況で悶々としておりましたら、素晴らしいワインに出会いました。

 

クレモン・バロー

サヴニエール

ル・コトー・ド・レール 2020

 

クレモン・バローはニコラ・ジョリーやマーク・アンジュリーと交友があり、すぐ傍らのアンジュでビオディナミでワインをつくっています。ニコラ・ジョリーが自分の畑を縮小するにあたり、ワインづくりに興味をもっていたクレモン・バローに畑の一部をゆだねました。

 

ワインは、グラスに鼻を近づけると、わずかに黄桃の甘酸っぱい香りがします。柑橘系のフルーツ、かりんでしょうか。白い花を思わせる、ほんのわずかですがクチナシの花の要素も感じます。香りの強さは中程度で心地よいものです。

 

味わってみますと、豊かな果実味とミネラルからくる旨味ををたっぷり感じます。なにか大きなものを秘めているような印象です。酸味はしっかりと感じ、豊かなフルーツのエキスに溶け込んだ印象、火打ち石のような煙っぽい要素も感じられます。余韻はとても長くワインのスケールの大きさを感じました。

 

このワインのスケールの大きさを考えると、もう少し時間が必要ではないかと考え、一日置いて再度テイスティングしてみました。

 

二日目はワインをデカンタージュしてさらに時間を意図的に進めてみました。色の変化は特にありません。香りの強さは増しているようです。味わいは昨日香りに感じた柑橘系のフルーツが熟してきたニュアンスを感じ、熟度が増したようです。

旨味と酸味をしっかりと感じ昨日と変わりませんが、果実味が開いてきました。アプリコットを思わせる魅力的な味わいが前面に出てきました。ミネラルを感じますが、まだ若く複雑さは出ていません。ボディは安定してどっしり重心が深い所で座っている印象です。

 

今飲んで充分に美味しいのですが、抜栓は少なくとも3時間前にしておきたいですし、デカンタージュも出来るなら行って欲しいところです。ワインのスケールを考えると5~7年、それ以上寝かせてあげるとさらにさらに美味しくなるばずです。

 

 

 

 

 

※ワインのコメントは十人十色、あくまでも参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

 

 

テイスティングしたワインの詳細はホームページ「konishi1924」をご覧くださいませ、購入もできますよ。

クレモン・バロー サヴ二エール ル・コトー・ド・レール  2020

 

勝ちましたね

ワールドカップカタール大会、一次リーグで日本はドイツに勝ちましたね。

 

強豪ドイツに勝利するなんて…

なんとも素晴らしい!!! 

 

私はスポーツは苦手ですし、あまり興味がなりませんが、感動的に凄いことはよくわかります。
私がまだ20代の中頃、友人に熱烈なサッカーファンがおりました。ある日ドイツへワインの研修旅行に行くと告げると、ぜひともサッカーチームのグッズを買ってきてくれととても熱心に頼まれました。片方はドイツのサッカーを熟知している人、片方は全くサッカーを知らない人、サッカーの置いての接点はありません。私はグッズがどこで売っているのか、何を買えばいいのか全く分からず困り果てました。そんなこんなで昔はあこがれでもあった、ドイツサッカーチームに日本は勝利したのだから、とにかくすごい事なのです。

 

ドイツにからませてワインのお話を…。

ひと昔前までは甘口の印象が強かったドイツワイン。そして、長らく品質の高さをはかる格付けも、果汁の糖度で行われてきました。

 

今の市場を見てみると、ワインの味わいは辛口スタイルが主流です。新しいスタイルのワインが次々と生み出される中、ドイツでは国が主体となっていよいよ本格的にワインのマーケティングに力を注ぎ始めたよう。今後は、土地の優劣で格付けされる、ラテン式の原産地呼称ピラミッドが導入されます。

ドイツワイン法(Weingesetz)改正案は、2020年11月26日に政府案を一部修正の上連邦議会で可決され、同年12月18日に連邦参議院の同意を得た。この法改正に伴い、その下位法令であるワイン規則(Weinverordnung)も改正が行われる、と(一部抜粋)発表されました。


ドイツでも、村名や畑の名前が注目されるようになるのですね。

 

地球温暖化の気温の上昇は問題点が多いのですが、一方、ドイツで赤ワインをつくろうとすると良い方向に働くようで、ピノ・ノワール=シュペート・ブルグンダーの品質がグングン上昇してきています。

25年位前のドイツの赤を前にして多くの人が口にしたのは「ロゼ?」というもの。ワインを口にすると酸っぱくて、正直美味しいとは思えませんでしたが、時は流れ時代は変わりました…。素晴らしいピノ、美味しい!と唸らせるほどのワインを作り出す、若手の台頭もあるようです。

 

例えば、”ヨハネス・ユルグ” 。

現在、世界で注目を浴びる、ドイツのピノ・ノワール=シュペートブルグンダー生産者の若手代表格です。

 

「いいピノブルゴーニュで造られる。それは否定できない。だから僕もブルゴーニュに潜りこんでその造り方を学んできた。クロ・デ・ランブレイで痛感したのは、土壌が如何に重要なのかということ。そして造り手がブドウにとっての最適な介入の仕方を見極めることなんだ。ここシュワイゲンの土壌はブルゴーニュに似た石灰岩土壌で上質なワインを生み出す条件は揃っている。けれど僕らはここでブルゴーニュワインを造りたいわけじゃない。この土地のサインが刻まれたワインを人々に届けたいんだ。」

 

と、ユルグは語ります。

 

私がこのワインと出会ったのはとある試飲会でした。ワインを口にしてその品質の高さに仰天、圧倒されました。ここまで素晴らしい品質のワインが作り出されているとは…。

 

 

ヴァイングート・ユルグ 

カルクメルゲル 

シュペートブルグンダー 2018 

 

「カルクメルゲル」とは泥炭石灰岩の意味、グランクリュに相当するヴォルムベルグとカマーベルグの二つの区画にある樹齢3-10年の若木から造られています。ワイン法の改正により、土地の優劣で格付けされるとなると、今後はこの二つな畑にも注目が集まることでしょう、目が離せませんね。

ちなみに、2026年より本格的にドイツの新しいワイン法が施行されるとのことです。
味わいについてですが、ユルグにつくり出すピノ・ノワール=シュペートブルグンダーは、ブルゴーニュとは一線を引く "訴えかけてくる味わい” が特徴です。

 

出会いを機に色々な人にそのワインを紹介しなくてはという使命感から、このブログにも投稿していました。過去にこのワインをテイスティング・紹介した記事です。

ヴァイングート・ユルグ カルクメルゲル シュペートブルグンダー 2018

 

 

世界のリースリング

一昨日のこと、なかなか興味深いテーマのテイスティング会に参加してまいりました。「ワンランク上のRiesling Tasting」と題され、会場は銀座のワイン厨房たるたる、主催はWset認定 Diploma の丸尾眞氏。参加されていた方のレベルが高く、皆さま Wset Diplomaを目指されているようでした。

 

 

リースリングとは、白ワインに使われるブドウの一種です。世界中で栽培されている国際品種ですが、栽培面積の半分弱を原産国であるドイツが占めており、ラインガウ地方が原産とされています。古くから栽培されているぶどうで、ドイツ系品種の中では最も古いものの一つです。

 

リースリングからつくられるワインの味わいは、辛口から極甘口まで様々あります。共通の特徴として、鋭い酸と、透明感あふれる引き締まった果実味があげられます。特に甘口の場合は、この鋭い酸が残糖分とバランスを取って、軽やかで繊細な、他のぶどう品種にはないスタイルの甘口を生み出します。 

 

ドイツのリースリングのなかでも、繊細さと透明感の極みとも言えるモーゼルと、力強さとエレガンスを兼ね備えたラインガウが2大産地とされています。

 

近年は甘口だけでなく、辛口でも素晴らしい品質のワインが生産されています。ドイツ以外の注目すべき産地は、フランスのアルザス地方やオーストリア、北イタリアや東欧諸国、ニューワールドでは、オーストラリアのエデン・ヴァレーやクレア・ヴァレーなど。さらに、アメリカのワシントン州ニューヨーク州ニュージーランドの透明感あふれるスタイルも人気となっているようです。これらの産地では少しずつ異なる顔を見せてくれます。このことは、リースリングのワイン用ぶどうとしてのポテンシャルの高さをあらわしているのです。

 

全てブラインド、ラベルを見ない目隠しの方法でワインが提供されました。テイスターはグラスに入れられたそれぞれのワインの色、香り、味わい、余韻の長さなどを見ていきます。

 

今回はリースリング種のみ10種類をテイスティングしてきましたが、緊張感のあり真剣で、充実した内容、満足度の高いもので、上記に挙げたような、世界の様々なリースリングテイスティング出来、スタイルが確認できました。

 

 

テイスティングの目的は人により様々です、多くの参加者と私の目的は少し異なりました。参加していた多くの方々はWsetのDiploma認定試験での正解率を上げることが視野にあり、葡萄品種を当てることが目的のようでした。

 

私の目的は辛口スタイルのリースリングの多様性、特徴を把握し、確認すること、コメントの書き方やコメントの量と質も変わってきます。目的が異なるとコメントも変わってくるので、恐らく私のコメントは他者の方と大きく違っていたと思います。私のコメントは人にワインの味わいを伝える要素が強いので今回の参加者と形態が大きく違うのです。左に座っていた方は葡萄品種を当てることに重きを置いていたのでコメントを書いていませんでした。ワインについてのディスカッションはありましたが、コメントを発する必要がなかったので助かりました。

 

ワインについてのディスカッションはとても興味深いものでした。これを機に試験ではなく、市場や飲み手を視野に入れたワインのテイスティング会があればいいなぁ、なんて思ったのでありました。様々な生産地の高品質なリースリングテイスティングが出来たことは本当に貴重な機会となりました。今後も精進したいと思います、ご機会をありがとうございました。

クリスチャン・ビネール カッツ・アン・ブル リースリング 2019

気持ちのよい青空、きりりと冷たい空気、気持ちのよい朝を迎えました。

少し前に届いたワインがありましてね、フランス・アルザス地方の白ワインです。インポーターさんから新着のお知らせが届いて、これはなんとも美味しそうなワインだと直感しました。お知らせには試飲会でもテイスティング出来るとあったのですが行けず、終わってしまうと争奪戦になり、売切れてしまうかと注文しておいたワインです。しばらく休ませてあげて落ち着いた頃であろうと昨晩テイスティングしてみました。

 
クリスチャン・ビネール 
カッツ・アン・ブル  ペットナット
リースリング 2019

 
ペットナットは微発砲のワインのことです。グラスに注ぐとシュワっと泡立ちますがすぐに泡立ちが消えてしまします。これがスパークリングワインと大きく異なります。グラスを傾けてみると泡立ちは少し残っていますが、わずかです。少し濁りのある黄金色、少しオレンジも見えます。

 

 

クリスチャン・ビネールは葡萄の栽培、醸造に関して農業本来の姿をモットーとしています。無農薬を徹底し、SO2もほとんど使用しておりません。カッツ・アン・ブルはアルザス地方のカッツェンタール(畑の名前)の花崗岩で育つリースリングで造ったペットナットです。貴腐ブドウを含むリースリングを11 ヶ月間発酵・熟成、糖がわずかに残った状態で瓶詰めし、ノンデコルジュマン(澱引きをしない)仕上げです。それゆえ、ワインには濁りがあるというわけです。

グラスに注ぐと同時に酵母、トーストなどの香りが。続いて熟した黄桃や杏、金木犀、その他の黄色い花を思わせる、甘酸っぱく華やかなよい香りが楽しめます。とても満足度の高いワクワクする香りです。

口に含むと舌先にガスを感じ、微発砲であることを認識します。
味わってみると辛口のスタイルですが甘さを感じます。収穫時の葡萄の糖度はかなり高かったのでしょう、貴腐葡萄も含まれているといいますからそのあたりの甘さもあるのかもと想像出来ます。マンダリンオレンジをギュッと絞ったような風味、少し苦みも感じますが心地のよいもので、かりんなどの黄色い皮の果実の要素をいくつか感じます、複雑で濃縮された味わいです。旨味がたっぷりとあり、それはリースリングのしっかりとした酸味を上回るほどのもの、ミネラルの豊さも感じます。飲み込んだ後、喉から鼻先に香りにあった杏や金木犀の甘酸っぱい風味が抜けていきます。余韻はとても長く素晴らしいものです。

貴腐葡萄が含まれるとこんなにも複雑で深みのある味わいになるのかとしみじみグラスを眺めてしまいました。今飲んでも素晴らしく美味しいのですが、あと5~7年寝かせたら大化けする、あなたは怪物???  と…ボトルに向かって話しかけていました。。スケールが大きくパワーあふれるワインです。あまりの美味しさにもっと仕入れたいと思いましたが、すでにインポーターさんでは完売しております。寝かせたて置くべきが、欲張らず販売するべきか迷うなぁ。

 

さて、テイスティングした後はお楽しみの時間、買っておいたアルザス地方のチーズ「マンステール」と合わせてみました。チーズは買ってきたばかりまだ熟成しておらず、ワインに負けました。

 

もう一点、スイスのハードタイプのものも購入していたのでこちらも合わせてみることに…。お店の人に勧めて貰った際、「どんなワインが合いますか?」と尋ねたところ「私はこのチーズは切り方でワインに近づけます」とのお返事をいただきました。薄く切ってフルーティーな白ワインと、厚めに切るとピノ・ノワールのような赤ワインともよく合うのだそうです、なるほど!

 

さて、このワインを薄く切って合わせてみると、ワインの杏や金木犀の風味が際立ち、厚く切ってワインを飲むと、旨味の要素がぐっと立ち上がってくるのでありました。
ワインはやっぱり楽しいわ!

 

 

 

※ワインのコメントは十人十色、あくまでも参考程度に読んでいただければ幸いです。

テイスティングしたワインの詳細はホームページ「konishi1924」をご覧くださいませ、購入もできますよ。
クリスチャン・ビネール カッツ・アン・ブル リースリング 2019

 

ソウル・オブ・ワイン

昨日は吉祥寺に映画を観に行ってきました!

 



 

「ソウル・オブ・ワイン」

 

静か〜で、深〜い映画でした。

ネタバレになるので内容は書けませんが、ワインのテイスティングをする上でとても参考になりました。冒頭のトップ中のトップの生産者がとても丁寧にテイスティングしている姿、ワインの扱いが印象的でした。

 

その他、疑問に思っていることが見れたり、聞けたり…、なにかとても貴重な体験をした感じがありましたよ。

ワインの映画は観た後にワインが飲みたくなることが多いのですが、この作品は出てくるワインが凄すぎて… そうなりませんでした 爆  笑爆  笑爆  笑

 

次は「シグナチャー 日本を世界の銘醸地に」を見に行かなくては…、こちらは新宿の映画館なのね。その後は「チーム・ジンバブエのソムリエたち」を見る予定、昨日の映画館で18日から公開、今月はワインの映画三昧です。ワインの世界は視野が狭くなりがちだけれど、色々な方面から見られて嬉しいわぁ。

 

 

 

銀座にて…

昨日はシャンパーニュの試飲会に銀座のホテルまで行ってきました。

 

シャンパーニュの品揃えが充実したインポーターさんによるもので69本のシャンパーニュが並んでいました、壮観! テイスティングしてみたいつくり手さんがいくつかありまして、それを中心に40銘柄ほどじっくり利いてきました。

 

味わいもさることながら、ラベルのデザインも素敵なシャンパーにでしたよ。
左 ポール・ローノワ コンポジション#3グラン・クリュ NV  右 ポール・ローノワ モノクローム グラン・クリュ NV

 

こちらは、テイスティングしたかったシャンパーニュ
左 JM セレック キャンテット  右 JM セレック ソリスト ピノ・ノワール 2017

 

この試飲会のシャンパーニュはレコルタン・マニピュランがほとんどで興味深いアイテムが並んでいました。レコルタン・マニピュランというのは、シャンパーニュ地方で葡萄栽培から醸造まで自社で一貫して行う栽培醸造家の総称です。小規模の生産者が多く、土地の個性やつくりての個性が味わいに強く反映されていると注目されています。

 

レコルタン・マニピュランの生産者は現在は約5000件あると云われています。その中には所有面積が3ha前後までの極小規模の生産者の存在も、生産量も当然少ないのでめったにお目にかかれることはありません。昨日はこれらのシャンパーニュも提供されておりテイスティング出来ました、ありがたいなかなか貴重な体験でした。

 

試飲会を終えると午後4時半少し前になっておりました。そこで、同じ銀座でも少し離れている友人のワインバーまで足を延ばすことにしました。営業は6時からなのですが、電話をしてみると来てもいいよということで銀ブラをしながらゆっくり向かいました。

 

友人には一年か一年半ぶりに会いました。SNSではいつも見てるけれど、顔をみるのは久しぶり、ワインの話はもちろん、お互いの近況も報告して、楽しい時間はあっという間、お店が混んできたので早々に引き上げましたとさ。それでも8時を過ぎていました。ワイン仲間と話す機会がコロナ過で少なかったから本当に楽しくて楽しくて…、気が付くとグラスワインを色々7杯も飲んでいました。

 

いい時間をありがとうございました。